前景向きの水草

アヌビアス

アポノゲトン

エキノドルス

有茎草

クリプトコリネ

コケ・シダ

浮き草

バリスネリア

サジタリア

コケを食べる生物

フネアマ貝



コケを食べてくれる生物のなかで最高の効果を発揮してくれる。

実際にコケだらけになってしまいどうしようもなくなった水槽に、このフネアマ貝を投入した時のあの衝撃は忘れられません。
ヒーターのカバーにフサフサととりついたヒゲ状のコケを根こそぎ食べてくれました。諦めていた水槽の隅っこにこびり付いていた堅いコケも気づくとキレイになくなっていたりと、その威力はすさまじいものがあります。

見た目は小さいアワビのようで、好き嫌いが分かれるとは思います。
欠点としては、小さい卵をガラス面に産み付けること。
汽水域でしか孵化しないために、知らぬ間に増殖するといったことはないのですが、見た目があまりよろしくありません。そのまま放置していても問題ないのですが、気になる人には少し嫌なものかもしれません。
それと、ひっくり返ると自分では起き上がれずにすぐに死んでしまうことも欠点です。
ひっくり返っているのに気づき、慌てて戻そうとしても時すでに遅し、といったことが非常に多いのが残念です。

欠点を考慮しても常に数匹は水槽に入れておきたい貝です。
コケの大量発生でどうしようもなくなった水槽で、絶大なる働きをしてくれるので、コケに悩まされているアクアリストの方におすすめです。
HOMEコケを食べる生物 ⇒ この記事

ブラックモーリー

藍藻を食べてくれる熱帯魚として有名なお魚。
水面でパクパクしていることが多く
水槽水面の油膜をとってくれる熱帯魚とも呼ばれています。
見た目は全身真っ黒。
オスは背ビレが若干黄色く縁取られた感じになっています。
水草水槽では、上にもあげた藍藻と油膜を取ってくれることを期待して投入する人が多いようです。
しかし実際は、藍藻と油膜の除去能力は微妙なところで、ブラックモーリーさえ水槽に泳がせておけば大丈夫!といったことはないです。
ただ全身真っ黒のお魚が、水草水槽の緑の中を泳いでいる姿を見ると。それほど役に立たなくても、ゆるせる気持ちになれます。
卵胎生メダカの仲間で、水質なども気にすることはなく、丈夫なお魚です。
注意することといえば繁殖力が強く、気づくと大量の赤ちゃんが産まれていることでしょうか。
しばらくするとさらに赤ちゃんが産まれているので、オスとメスをペアで同じ水槽に入れている場合には注意が必要です。
HOME前景向きの水草 ⇒ この記事

オトシンネグロ


オトシンクルスの仲間。体色は明るい褐色で体はややこぶりです。
オトシンクルス同様、コケを食べてくれる熱帯魚として有名。
性格は温和で他の熱帯魚を攻撃することもなく、水草を食害することもないので、水草水槽で他の熱帯魚と混泳させる場合でも安心です。
コケを食べてくれるとはいえ、コケを全て除去してくれるほどの威力はないので、コケの予防程度に数匹入れておくぐらいがよいのではないでしょうか。
HOMEコケを食べる生物 ⇒ この記事

オトシンクルス


コケを食べてくれる熱帯魚として最も有名なのがこのオトシンクルスです。
南米原産の小型ナマズの仲間。
水槽壁面や水草表面のコケをなめるように食べてくれます。
吸盤のような口で張り付き、ピョコピョコと動き回りながらコケを食べてくれる姿がとても愛らしい熱帯魚です。
水草を食害することもなく、他の熱帯魚を攻撃することもないので、水草水槽で他の熱帯魚と混泳させる場合でも安心です。
コケを除去させるためというよりも、コケの予防に数匹入れておくと考えた方がよいでしょう。
HOMEコケを食べる生物 ⇒ この記事

ウォーターローン

限定15ポット!お買得!■ウォーターローン(トロピカポット)(1ポット分)学名 Utricularia reticulata
分布 南アジア
照明 強
CO2 強
水温 18〜28

和名はアミメミミカキグサ。
明るく鮮やかなグリーンが特徴的な水草で
芝生のようなレイアウトを水槽の前景に作ることが出来る。
照明は強い光を好み、CO2の添加も必要となる。
HOME前景向きの水草 ⇒ この記事

アヌビアス ハスティフォリア

■アヌビアス・ハスティフォリア(1株)学名 Anubias hastifolia
分布 西アフリカ
照明 弱
CO2 弱
水温 20〜30℃

葉の後ろ側に耳のような部分があるアヌビアス
アヌビアスのなかでは大型の水草で
ダイナミックなレイアウトに適している。
育成はそれほど難しくない。
HOMEアヌビアス ⇒ この記事

アヌビアス コーヒーフォリア

■アヌビアス・コーヒーフォリア(1株)学名 Anubias barteri coffeefolia
分布 アフリカ
照明 中
CO2 弱
水温 20〜28℃

アヌビアス バルテリーの改良品種。
デコボコした葉っぱが特徴的な水草。
成長が遅いアヌビアスの中でも特に成長が遅いので
コケの対策が必要になる。
コケ対策はナナと同じ様に
ヤマトヌマエビやミナミヌマエビなどの
コケを食べてくれるエビや
オトシンクルスなどを一緒に入れておくとよい。
HOMEアヌビアス ⇒ この記事

アヌビアス ナナ


学名 Anubias nana
分布 西アフリカ
照明 弱
CO2 弱
水温 20〜30℃

アヌビアスのなかでも最も有名な水草で
活着性を持つ水草でもある。
非常に丈夫で育てやすく
CO2や肥料の添加も必要とせず
水質にもうるさくなく抵光量でも育つという
初心者でも容易に育成できる
水草の入門種としても有名な水草。

成長の速度が遅く
コケがよく付着してしまうので
コケ対策としてヤマトヌマエビやミナミヌマエビ
などのコケを食べてくれるエビや
オトシンクルスなどを一緒に入れておきたい。
石や流木などに活着させるときは
木綿糸では活着する前に糸が溶けてしまうので
ビニールタイなどのしっかりしたもので
固定させたほうがよい。

お店ではポットに入った状態で販売されていることが多く
石や流木などに活着させるためには
ポットから取り出し
根を包んでいるウールを取り除かなくてはいけない。
そのとき、根を傷付けないように
ピンセットなどで丁寧に取り除くように
注意したほうがよい。
HOMEアヌビアス ⇒ この記事

ウィローモス


学名 Fantinalis antipyretica
分布 世界各地
照明 弱
CO2 無
水温 12〜28℃

ミズゴケの一種で、石や流木などに
活着する特性を持っている。
活着させずにそのまま育成することも出来るが
大抵は石や流木などに活着させて
水槽に沈め育成する場合が多い。

石や流木などにウィローモスを活着させる方法としては
木綿糸を使用すると便利。
木綿糸は数週間で水に溶けてしまうので
ウィローモスが石や流木などに活着した後
糸を取り除く手間が省かれる。
リシアと違い、しっかりと活着してくれるので
タッパに少量の水を張り
その中に石や流木などを入れ
それに絡めるようにウィローモスを貼り付けておけば
そのまま放置しておいても自然と活着してくれる。

活着して伸びてきたウィローモスは一度
全体を短くトリミングすると
新しい葉が綺麗に生えてきてくれる。

ウィローモスは使い勝手のよい水草で
密集したウィローモスが
熱帯魚の産卵場所になったり
エビや稚魚などの隠れ家にもなる。
CO2の添加も特に必要なく
低光量・低水温と過酷な環境でも
ある程度の栄養分が水中にあれば育てることは可能なので
初心者にも容易に育てることが出来る水草でもある。
HOMEコケ・シダ ⇒ この記事

リシア

学名 Riccia fluitans
分布 熱帯全域
照明 中
CO2 中
水温 15〜28℃

人気の高い水草の一種で
水槽の底に沈めて育成されることが多い。
水槽の底に沈めることで
鮮やかな緑色の絨毯を水槽の底に広げることができる。
水槽の底に広がるリシアは
光合成による酸素の気泡をたくさん身につけ
輝く美しさを披露してくれる。

しかし、もともとはウキゴケの一種なので
水面に浮かせている分には楽に育ってくれるが
水槽の底に沈めるとなると、それなりの手間がかかるのも事実。
ましてや気泡を付けさせ
その状態をキープさせるとなると
かなりの労力と経験が必要となる。

リシアを水槽の底に沈める方法としては
石や流木、またはリシアストーンなどにテグスなどでリシアを巻きつけたり
リシアネットにリシアを入れて沈める方法などがある。
はじめから石や流木などに巻きつけてある物も売っているので
それを購入するのもひとつの手段ではある。
なにしろリシアはウィローモスのように活着してくれないので
しっかり巻きつけないと
浮いてきてしまい、水槽中にリシアが漂うことになる。
沈めるだけでも意外と手間のかかる水草だ。

気泡を付けさせるには
照明も強くし、CO2も多めに添加する必要がある。

それでもいつかは
気泡を付けた美しいリシアの絨毯を
水槽の底に広げてみたいという
アクアリストは多い。
HOME前景向きの水草 ⇒ この記事

飼育環境はあくまでも目安ですのでご注意下さい。

当サイトはリンクフリーです。バナーを必要とされる方は
下記のバナーをご利用ください。
水草でーたべーす 水草でーたべーす
※当サイトのリンクを張る際は必ず
TOPページ http://mizu-kusa.seesaa.net/に
リンクするようにしてください。

Copyright (C) 2005 水草でーたべーす All Rights Reserved.
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。