ウィローモス


学名 Fantinalis antipyretica
分布 世界各地
照明 弱
CO2 無
水温 12〜28℃

ミズゴケの一種で、石や流木などに
活着する特性を持っている。
活着させずにそのまま育成することも出来るが
大抵は石や流木などに活着させて
水槽に沈め育成する場合が多い。

石や流木などにウィローモスを活着させる方法としては
木綿糸を使用すると便利。
木綿糸は数週間で水に溶けてしまうので
ウィローモスが石や流木などに活着した後
糸を取り除く手間が省かれる。
リシアと違い、しっかりと活着してくれるので
タッパに少量の水を張り
その中に石や流木などを入れ
それに絡めるようにウィローモスを貼り付けておけば
そのまま放置しておいても自然と活着してくれる。

活着して伸びてきたウィローモスは一度
全体を短くトリミングすると
新しい葉が綺麗に生えてきてくれる。

ウィローモスは使い勝手のよい水草で
密集したウィローモスが
熱帯魚の産卵場所になったり
エビや稚魚などの隠れ家にもなる。
CO2の添加も特に必要なく
低光量・低水温と過酷な環境でも
ある程度の栄養分が水中にあれば育てることは可能なので
初心者にも容易に育てることが出来る水草でもある。
HOMEコケ・シダ ⇒ この記事
この記事へのトラックバック

飼育環境はあくまでも目安ですのでご注意下さい。

当サイトはリンクフリーです。バナーを必要とされる方は
下記のバナーをご利用ください。
水草でーたべーす 水草でーたべーす
※当サイトのリンクを張る際は必ず
TOPページ http://mizu-kusa.seesaa.net/に
リンクするようにしてください。

Copyright (C) 2005 水草でーたべーす All Rights Reserved.
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。